So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今回の総選挙の投票先の判断基準 [政治]

48election1022.jpg

今回の衆議院総選挙だが、その争点と、争点に関するニュースメディアの報道内容に関して、一言言いたいことがある。

与党は、この時期に解散した理由で、白々しいウソを言い過ぎ。「仕事師内閣」を立ち上げて、大した仕事もしないままいきなり解散で、しかも訴えるのが、これまで国会で一言も審議していない「消費税率アップ分の用途変更」だと?
野党も、自分たちの生き残りで手一杯で、右往左往するばかりで、「安倍政権にストップを!」というぐらいしか言えず、政策的な説得力がない。

何を基準に判断して投票すればいいのか、分かりにくいという声も多いのは、ニュースメディアが、「なぜ今総選挙をするのか?」という狙い自体を分析せず、ただ単に各党が出している様々な公約を、比較するだけに終わっていることにあると思う。

ホント、クソメディアと言われても致し方ない部分だ。

しかし、各党の公約を見ているとややこしいが、なぜ今衆議院選挙なのかという本質を考えれば、そんなに複雑な話ではないことが分かる。

まずは、改選前の議席を見ると、衆議院の定員475人に対し、与党の自民288人、公明35人=計323人で、自民だけでも過半数を遥かに超えるため、通常審議に関しては、何の問題もなく安定した議会運営が行える安定多数だ。
それだけでなく、与党だけで2/3を超えており、さらに改憲賛成の維新15人も加えれば、憲法改正の発議は全く問題ない状況。

一方、参議院も、定数242人に対し、自由民主党・こころが125人、公明党25人=計150人で安定多数。
憲法改正に対しても、改正賛成の日本維新の会11などを加えると、2/3を超える。

なので、これだけ見ると、安倍首相が、衆議院を解散する理由はどこにもない。
安倍首相や内閣が不祥事を起こしさえしなければ、どんな法律でも通るし、憲法改正の発議だって問題なくできるのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

全部が他メディアからの引用だけのクズ記事 [ネットメディア]

何の取材もせずにデタラメな意見を書いたり、ネットの適当な風評を世間の一般的な意見として書くようなクズ記事が腹立たしくて、このブログを立ち上げたのだが、最近、ちょっと違った傾向のクズ記事が増えている気がする。

それは、テレビやラジオの放送メディアで起きたこと、出演者が発言したことを、ただ淡々と書き起こしただけのニュース記事だ。

放送のネット“文字おこし”は問題あるの? (THE PAGE) - Yahoo!ニュース

放送の文字起こしは、素人が行おうと、ニュースのライターが行おうと著作権上のルールは同じで、それが引用の範囲であれば問題ないが、単にそれだけを文字に起こして利用してしまうと著作権侵害に当たる可能性が高い。

引用かどうかの指標は、引用した部分が明確になっていて、さらに引用に対して、自分の意見なり分析などが書かれていることにある(私も注意しているつもりだ)。

ところが、最近、引用部分しかないようなニュース記事が増えているのだ。例えば、こんな記事、ちょっと探しただけでボロボロと出てくる。

石井希和の暴露話にスタジオから悲鳴 明石家さんまも「それ以上言うな」 - ライブドアニュース

安藤優子 グッディとバイキングの番組またぎ中にダメ出し - ライブドアニュース

田中みな実アナ「幸せになって」元カレ藤森にエール - 女子アナ : 日刊スポーツ

おのののか「パンツかぶせた」と衝撃の告白 : スポーツ報知

伊集院光がビンタ騒動に疑問「あの場でつい」はしつけにあらず - ライブドアニュース

おぎやはぎ ビートたけしの無断欠席は「わざと」であると推測 - ライブドアニュース

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)