So-net無料ブログ作成

前の5件 | -

五輪チケットの「セカンドチャンス」販売にケチを付ける人たち [スポーツ]

ogp.jpg

五輪チケット販売の1次抽選で1枚も当選しなかった落選者の救済策として「セカンドチャンス」と呼ぶ新たな抽選が実施されることが発表された。

私自身、全部外れたので対象者であり、これは嬉しいチャンスなので、必ず申し込むつもりだ。

ただ、この「セカンドチャンス」に対して、メディアの報道を見ていると、結構怒っている人がいて驚く。

加藤浩次、怒 五輪セカンドチャンスに「残ったチケット全部出せ」「やり方汚い」

特に、加藤浩次は、私同様、1次抽選で全部外れたらしいのだが、日本テレビ系「スッキリ」において、「なんで残ったチケット全部を出さないんだ」と激怒しており、「やり方汚い」とまで言い切っていて、戸惑った。

「なんで、この人、このぐらいのことで激怒しているのだろう?」と不思議な気持ちにさえなったな。

五輪チケ落選者の救済策名称は「セカンドチャンス」 - 五輪・一般ニュース : 日刊スポーツ

五輪チケ「セカンドチャンス」開閉会式は販売せず - 五輪・一般ニュース : 日刊スポーツ

こちらの記事では、「セカンドチャンス」を発表した記者会見での、一問一答が紹介されているのだが、いい質問もあれば、何を引き出したかったのかさっぱりわからない質問もあった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

世間では「コタツ記事」と言うらしい [ネットメディア]

全部が他メディアからの引用だけのクズ記事:今日のクソ記事:So-netブログ

以前、ラジオ番組やテレビ番組で起こった内容、話していた内容を、何の論評も意見も付け加えることなく、淡々と書いた記事について取り上げたことがある。

こうした記事を、一般に「コタツ記事」と言うんだよ、と最近知人に教えられた。

kagu_kotatsu.png

コタツ記事とは 意味/解説 - シマウマ用語集

知人が言った定義は、「番組の一部の書き起こし」しかない記事の意味で言っていたようだったが、こちらの定義によれば、一般的には、もうちょっと広い意味を持つようで、

コタツ記事とは、実体験もなく取材や調査もしないまま、インターネットやテレビといったメディア上で流通している情報のみを収集、再構成して書く記事のこと。「コタツに入ったままでもお手軽に書ける凡庸で薄い内容の記事」といったニュアンスの揶揄された表現。

とのことで、ネットニュースの大半は、これが該当するぐらい幅広いものになってしまうようだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「カラテカ入江・吉本興業から契約解消」に絡む誤報 [芸能]

「カラテカ入江・吉本興業から契約解消」というニュースに関し、一方で、明らかな誤報もあった。

935b04e4eb2b7186d9f9ffb60162b1b48897cc34_large.jpg

【カラテカ入江騒動】田村淳、亮ではなく"淳"参加の誤報に困惑 「迷惑してます」「僕が闇営業に参加してると勘違いしてる人が沢山」

私も読んだのだが、「デイリースポーツONLINE」が、カラテカ入江騒動の記事で、田村亮ではなく田村淳が参加したと誤って報道してしまったのだ。

しかも、しばらくしてこっそり記事を変更したが、間違いなく私が読んだときは、田村淳だったので、てっきりそうだとばかり思っていた。

これに対し、田村淳は、「ツイッターで誤報で困っている。謝罪もない」と、こっそり書き換えるだけの「デイリースポーツONLINE」の姿勢を批判していたが、

ロンブー淳と亮を取り違え、デイリーが「お詫び」 カラテカ入江「闇営業」問題で | ハフポスト

最初の報道から5日も経ってから、ようやく「デイリースポーツONLINE」は、ツイッターに誤報のお詫びを掲載した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「カラテカ入江・吉本興業から契約解消」報道の不思議 [芸能]

index.jpg

カラテカ入江 吉本から解雇…前日には高級ホテルで講演会/芸能/デイリースポーツ online

お笑いコンビ・カラテカの入江慎也が、所属するという吉本興業から契約を解消されていたことが話題になった。

大分前だが、2014年12月に、入江が仲介し、多数の芸人が出席した忘年会が、大規模振り込め詐欺グループのものだったことを、2019年5月7日発売の写真週刊誌「フライデー」が報道したのが発端。

発売前に、吉本興業が入江に聞き取りをし、仲介の事実を認めたため、「吉本興業および所属芸人のブランドを著しく傷つけた」として、発売される前に契約解消に至ったという。

吉本興業によると、忘年会への出席は、会社を通さず直接ギャラを受け取る闇営業で、入江は、相手が振り込め詐欺グループだとは知らなかったと説明したが、「うちの会社は、絶対に反社会的組織との交流は許さない」と、厳しい処分を科したという。

この時点では、マスメディアは、吉本興業の言い分をそのまま伝え、解雇は当然のことというニュースがあふれた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

大津事故の保育園園長の記者会見での許せない記者たち [社会]

保育園児の列に軽乗用車突っ込み、園児4人重体 車運転の女2人逮捕、大津(京都新聞) - Yahoo!ニュース

5月8日に、大津市で、右折しようとした乗用車に、直進しようとした軽乗用車が正面衝突し、そのとばっちりで軽自動車が、歩道を歩いていた保育園児の列に突っ込み、2人の園児が亡くなる痛ましい事故が発生した。

翌朝の5月9日のニュースを見ていたら、それを受けて、保育園関係者の記者会見が放送されており、そこで異様な光景が流れており、思わず固まってしまった。


大 津事故・保育園園長の会見で記者の質問が炎上 泣く園長に責任を追及するような質問|ニフティニュース
今回の事故は、歩道をまとまって歩いていた児童が、事故で飛び込んできた車にぶつかったもので、まず基本的に歩行者側には何の瑕疵もない。あらかじめ予防することなど不可能な事故だったと思う。

なので、保育園の方も、園児同様、被害者の側のはずである。
だが、あの記者会見は、そんな雰囲気ではなかった。

その口火を切ったのは、報道ステーションの井澤健太朗というアナウンサーだった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -