So-net無料ブログ作成
検索選択

週刊新潮の告発記事「『文春砲』汚れた銃弾」の顛末 [報道]

『週刊文春』に対して『週刊新潮』が「『文春砲』汚れた銃弾」と大告発の波紋(篠田博之) - 個人 - Yahoo!ニュース

出版取り次ぎ大手のトーハンが、「週刊新潮」の中づり広告を、ライバル誌の「週刊文春」を発行する文藝春秋の社員に事前に漏らし、「週刊文春」がそうした情報を元に取材を行い、「週刊新潮」の発売前に、「週刊文春」のWeb版記事として掲載したりしたことを糾弾する記事が「週刊新潮」に掲載された。

この記事自体は、決してクソ記事などではなく、なかなか緻密な理詰な記事で面白い。

まず、「週刊新潮」のスクープ記事と同時に発売された「週刊文春」に「週刊新潮」の記事を知っていたかのような追加取材記事が載ったり、「週刊新潮」の掲載予定のスクープ記事が、一足先にWeb版「週刊文春」に出し抜かれたり、という状況が続いたことで、どこかで情報が漏れているのではないか?と疑い始めたのが、3年前だそうだ。
そこから、どこから漏れたのかを探るために、広告の媒体ごとに、微妙に記載内容を変えてみて、どの媒体の情報が漏れたかを特定してゆき、木曜発売の両誌の校了日である火曜日午後に、作成したばかりの車内吊り広告を、取次のトーハン経由で文藝春秋の社員が入手してコピー、社に持ち帰っていたことをつきとめ、その尾行による隠し撮り写真をグラビアに詳細に掲載したのだ。

トーハン自身もは、事実関係を認め、「中づり広告には秘密保持の規定がなく、販促物という認識だったが、他社に関する情報なので配慮するべきだった。違法性や今後の対応については新潮社などと協議していきたい」とコメントしている。

言い逃れができない緻密な取材方法で、執念を感じるな。

これに対し、文藝春秋広報部は、「情報を不正に入手、あるいは不法に入手したこと、それによる記事の書き換え、盗用などの事実は一切ありません」とコメントを出したのだが、

【速報】週刊文春、週刊新潮の告発に真っ向から反論「そうした事実は断じてありません」 仁義なき抗争へ突入か? | ロケットニュース24

私基準では、これが一番のクソ記事。
文春は「真っ向から反論」などしていない。報道するなら、文章はちゃんと読みましょう。
この事件を、面白おかしく、週刊文春と週刊新潮のヤクザ闘争になぞらえたかったのだろうが、肝心のところでズレており、読む気を失う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ギズモード・ジャパン「MP3、正式に終了のお知らせ」 [IT]

このサイトを立ち上げたときには、全く対象には考えていなかった、IT関係のクソ記事を見つけてしまったので、ご紹介。

mp3.jpg

MP3の特許ライセンスが終了 - AV Watch

音声コーデック「MP3」を開発した独Fraunhofer社が、Technicolor社のMP3関連特許と、Fraunhofer社とTechnicolor社のMP3関連ソフトウェアのライセンスプログラムが4月23日に終了したことを明らかにした。
という報道を受けて、ギズモード・ジャパンが、次の記事を掲載したのだが、これが呆れるクソ記事。

MP3、正式に終了のお知らせ|ギズモード・ジャパン

記事を要約すると、

・MP3がついにその役目を終えようとしている ・その理由として、最近のメディアサービスは、低ビットレートで高音質のAACや、次世代のMPEG-H、最新のISO-MPEGコーディックなどを使っている。
・この意思決定は、全てのメーカーがフロッピードライブの代わりにCD-ROMに移行していくようなもの
・MP3をサポートしているメーカーもあるが、今は、AACがスタンダードとなっている
・MP3はその役目を終えようとしているが、デジタルコンテンツの様相を変えたその功績は計り知れない
・レコードやカセットテープと違って、MP3はノスタルジックなマニア向けの需要はないだろう

といったもの。

ギズモードって、人気もある「IT系の専門ニュースサイト」だよね?
そういうサイトが、「これだけ的外れな論評記事を書いていいの?」と唖然とする。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

叩かれ過ぎて可哀そうになる芸能人 [芸能]

今回は、「クソ記事」ではないのだが、叩かれ過ぎで同情した芸能人のようなランキングをいくつか見かけた。

3位は藤原紀香!叩かれ過ぎで同情しちゃう芸能人ランキング圧勝は… - VenusTap(ヴィーナスタップ)

こちらは少し古いランキングなので、1位はベッキー(158票)、2位は成宮寛貴(43票)というのは、当時の話題のニュースが大きく左右したのだろう。

3位には、藤原紀香(22票)というのは、分からなくはない。

ベッキーのような不倫報道は、はっきり言って当事者間で解決すればいい問題であり、マスメディアやネット上の素人が、「世間に謝れ!」と上から目線で責め立てる感覚は、全く理解できないところがある。

成宮寛貴のコカイン場面の画像には真実が隠されていた?! 写真の答えはお菓子なのか・・・ | CitizenJournal

成宮寛貴の麻薬報道に至っては、こんな分析もあり、実際、警察が動いたという形跡も全くなく、無実というのが現状の認識だ。
セクシャリティに関する問題も、犯罪とは無関係な話であり、それで非難されるようなことは何もない。

藤原紀香については、世間で何が批判対象になっているのかはよく分からないが、私自身は、彼女が「さんまのまんま」に出演するなり、効能に関して医学関係者からの批判も多い「水素水」の宣伝を始めたのには唖然とした。
彼女、他の番組でも「水素水」の宣伝に必死で、まるで広告塔のよう。
正直今の彼女には不快感しか感じないので、テレビに出ていたら、直ちにチャンネルを変えるほど。
そのことで叩かれているのであれば、まあ当然かもしれないな。

2位は「田中みな実」! 叩かれすぎてかわいそうな女性芸能人ランキング | パピマミ

こちらのランキングはもうちょっと新しい。しかも、サンプル数は少なめだが、あまり直近のニュースに左右されていない感じで、結構、共感するものがあった。

1位の辻希美は、結婚、出産後、料理などの家事や、子育てに関するブログ記事で、無知を自らさらして、炎上を招いていたようだ。
とはいえ、世間を知らず芸能界の中で育ち、早くに結婚した女性の失敗を、「子供が子育てしている」などと、ここまで叩くか?と思えるほどのバッシングの嵐。
それを喜んで取り上げまくるネットニュース記者にも、彼女が嫌いな人が多いんだろうな、と思わざるを得ない程だった。
辻ちゃんを叩いている人って、実生活でも、若い嫁にそういうイビり方するんだろうな、と思うと、ゾッとする。
子育てなんて、みんな初めてやるのだから、失敗なんて当たり前だし、それをいちいち頭ごなしに批判されては、誰も子育てなんてしたくなくなるぞ。
しかし、そうしたバッシングにもへこたれず、着実に、働く主婦としても、母親としても成長している様子が好感を得たのか、最近は、むしろ彼女に対し好意的な報道の方が増えている。
面白いのは、彼女のブログや、Yahoo!ニュースのコメントを読んでいると、相変わらず彼女の一頭一足に対し叩く人は今でもいるということ。しかし、最近のネットニュースメディアは、敢えてそれを取り上げなくなったのだ。
それはすなわち、辻ちゃんを叩くニュースを読む人がいなくなり、むしろ前向きに取り上げるニュースのアクセスが増えているということに他ならない。ネットニュースなんて、アクセスが増えてナンボだからな。
芸能人のブログは、収入源の一つであり、ブログ記事への批判は、私生活を公開することで収入を得ることに対する嫉妬みたいなものもあるとは思うが、そうしたバッシングを跳ね返し、マスメディアの風向きまで変えてしまったたくましさは、芸能人としても大したものだと思うな。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「渡辺謙の不倫相手は田中みな実似」という報道の違和感 [芸能]

芸能メディアは、今、一番話題になりメディアが売れる「ゲス不倫」を、必死で探している。

【文春不倫報道】渡辺謙の相手は元ホステス!写真画像はニューヨークで「嫁の南果歩が乳がん療養中に」 | CLIPPY

その最新ニュースとして、今話題なのが、渡辺謙さん。2017年3月30日発売の週刊文春が、彼の不倫をスクープし、それがテレビのワイドショーなどでも広く取り上げられ、話題になっているようだ。

私自身は、以前にも書いたが、不倫は当事者間の問題であり、当事者間で解決すればいいだけのことであり、世間にお詫びする必要なんかないと思っているし、不倫に対し、マスメディアの記者たちが、「世間に謝罪し、しばらく謹慎なければならない」と当然の前提のように考えていること自体が、不思議でならない。

ただ、百歩譲って、マスメディアが、芸能人の不倫を報道すること自体は許されることだとして、今回の文春の記事には、とても違和感を感じる部分があった。

渡辺謙が“田中みな実似”美女と「NY不貞」、次号はさらなる文春砲? | アサ芸プラス

それは、渡辺謙の不倫相手とされる女性についての説明なのだが、「現在36歳で、北新地の高級クラブのNo.1ホステスだったそうで、現在はジュエリーデザイナーをやっている小柄で田中みな実似の美女」だという部分。

芸能人が、顔出し不可の一般の結婚相手を紹介するときに、芸能人に例える「○○さん似の美女」などと紹介するのは、よく使う常套手段ではある。
しかし、こうした不倫相手を例えるのに、芸能人の名前を使うのって、その芸能人にかなり失礼な話じゃないかと思うのだ。

女性には嫌われるブリッコキャラの田中みな実というパブリックイメージを利用して、不倫相手を印象付けたかったのだとしたら、実にいやらしい話。たとえられる側から見れば、とんだとばっちりだ。

週刊文春は、よっぽど田中みな実が嫌いなのか、「コイツならヨゴレだから、こういう例えに使っても大丈夫」といった風に、下に見ているんだろうな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「フェイク・ニュース」の怖さ [政治]

ネットに広がる「フェイク・ニュース」― 嘘と真実の見分け方とは | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

「フェイク・ニュース」という言葉自体を、最近よく聞くが、最初は、日本でもよくある芸能誌系のいい加減な記事、程度のことだと思っていた。
しかし、米国大統領選挙で「フェイク・ニュース」が果たした役割に関する調査報道の記事を読んで、事態はもっと深刻であることが分かった。

偽ニュースが民主主義を壊す Facebookが助長したその実態とは?

まず、「フェイク・ニュース」の概念自体が違った。日本のいい加減な記事どころではなく、完全にアフィリエイト収入獲得だけを狙った、意図的な嘘の記事が、全米を混乱させ、動かしたのだという。

そうした嘘ニュースを流した中心人物は、実は、旧ユーゴスラビアを構成していたマケドニアの若者たちだったという。
小国マケドニアの国内事情は悪く、若者には仕事がない。そうした若者が、140以上のアメリカ政治サイトを立ち上げ、そこで、嘘ニュースを流し続けたのだそうだ。

面白いのは、最初は、共和党、民主党両方の支持者向けのウソ記事を掲載し続けたのだが、民主党支持者向けの記事のアクセスはさほど増ないのに、トランプを支持する層は、それを鵜呑みにしてFacebookで拡散し、それが、世界中のメディアで誤って報道されるまでになってしまったという。

「ヒラリー・クリントンは電子メール問題に絡み、2017年に起訴される」というウソニュースなども、私も知っているぐらいなので、最終的には、おそらく日本でも主要ニュースサイトや新聞、テレビ、ラジオなどでも報道されていた気がする。

これらのサイトを運営する若者によると、「右翼はファクトチェックをせず都合のいいウソを信じる」のだそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース