So-net無料ブログ作成

共同通信「山中氏、科学誌創刊に深く関与か」の酷い後処理 [科学技術]

京大iPS研で論文不正 山中教授ら謝罪  :日本経済新聞

京大iPS研の論文で不正があったという報道が、iPS研所長の山中教授がテレビで謝罪するニュースがたくさん流れ、世間をにぎわしている。

論文は、血液中の有害物質や異物が脳に到達するのを防ぐ「血液脳関門」と呼ぶ組織を人間のiPS細胞から作製したという内容だったが、京大の調査委員会では論文を再現できず、論文を書いた山水助教は調査委に対し、1人で不正を行ったことを認めたそうだ。

山中教授は、この論文に直接かかわってはいなかったが、研究所トップとして、不正を防止するためのチェック体制が機能していなかったことを謝罪し、管理方法を見直すという。

ここまでは、特に問題はない。山中教授は、直接かかわりはなかったとはいえ、トップとして責任を負うのは当然のことだろう。

group_logo01.jpg

「共同通信、印象操作で山中教授を叩く」⇒「炎上」⇒「記事をURLそのままでタイトルと内容をごっそり書き換えて改竄」 - Togetter

驚いたのは、共同通信のこちらの記事に関して。

山中氏、科学誌創刊に深く関与か 京大、iPS研の論文不正発表 - 共同通信

こちらにアーカイブされているのが最初に掲載された記事だが、「山中氏、科学誌創刊に深く関与か」というタイトルで、

京都大iPS細胞研究所の研究不正で、問題の論文を掲載した米科学誌ステム・セル・リポーツの創刊に、当時、国際幹細胞学会の理事長を務めていた山中伸弥・研究所長が深く関わったことが25日、分かった。
この論文の審査に山中氏は関与していないとみられるが、現在も編集委員の一人となっている。科学誌の論文審査制度に対しては、不正を見抜く仕組みが不十分だとの声もある。
山中氏はノーベル賞を受賞した2012年、学会と米出版社が提携し新たな科学誌を創刊すると発表。無料公開を原則とし、iPS細胞などの幹細胞に関する基礎研究から医療応用までの幅広い領域の論文を扱うとした。

という内容の記事が掲載されたのだが、その内容を読むと、「昔、米科学誌ステム・セル・リポーツの創刊に、山中伸弥・研究所長が深く関わった」という、今回の不正事件とは何も関係ない内容。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

プレステVR、一瞬でブーム終了…低レベルでゲーマーの失望深刻、販売小出しで話題づくり [IT]

100000001003708924_10204_003.jpg

PS4に繋ぐVR(バーチャルリアリティ)用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)PlayStation VRに関して、こんなゴミ記事を発見。

プレステVR、一瞬でブーム終了…低レベルでゲーマーの失望深刻、販売小出しで話題づくり | ビジネスジャーナル

清談社--新宿歌舞伎町の編集プロダクション 

清談社という、大手雑誌の特集記事なども手掛ける編集プロダクションの森江利子という方の記名記事なのだが、それにしては杜撰な内容だったので、取り上げたい。

ソニーPS4が7000万台を突破、マイクロソフトXbox Oneに大差で圧勝 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

まず、この記事を評価する前に、PS4とPlayStation VRの現状について、確認しておこう。
PS4の現状について評価する際、まず気を付けなければいけないのは、欧米と日本で全く状況が違うということだ。

欧米を中心に全世界レベルで見ると、PS4は2017年末段階で7,000万台を突破する大ヒットで、来年途中にはPS3の8,400万台を上回り、初代PlayStationの1億200万台も視野に入ってくる勢いであり、大成功と言っていい。

PS4、日本国内での累計販売台数が500万台を突破。国内での推移はPS3とほぼ同等 - PS3、PS4本体関連

一方日本に関しては、累計販売台数が500万台を超えたが、全世界的な比率で見ればマーケット規模は小さい。PS4の発売自体が、欧米より3カ月遅く設定されたことを見ても、ソニー自身が日本市場をあまり重視していなかったことが分かる。

この現状を踏まえれば、PlayStation VRの状況について評価するに際しても、欧米中心の全世界規模と、日本での評価は完全に切り離して行わないと、意味のない議論になってしまう。

まずその点だけ見ても、この記事は失格。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

2018年・新年のご挨拶 [ブログ運営]

eto_inu_kakizome.png

皆様、あけましておめでとうございます。

旧年中は、本ブログのご愛顧、ありがとうございました。

本年も皆様のご多幸をお祈りします。

本日は元旦ということで、ご挨拶のみとし、本格的な記事掲載は、明日以降とさせていただきます。

関連記事:
明けましておめでとうございます:今日のクソ記事:So-netブログ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

一年間、ご愛顧ありがとうございました [ブログ運営]

illust2106.png

この書き込みが、今年の最後の記事となります。

昨年末に始めた本ブログですが、他の私が運営するブログに比べて、書き込み頻度も低く、アクセスも多いとは言えませんが、そんな中で、

フリーライター・橘カイト氏の芸能記事:今日のクソ記事:So-netブログ

「フリーライター・橘カイト氏の芸能記事」は飛び抜けてたくさんのアクセス記事を頂きました。

これからも、ゴミ記事を量産するライター、メディアに着目した記事を、細々ですが、書き続けていきたいと思いますので、たまには覗いてやってください。

それでは、一年間、本ブログをご愛顧いただき、ありがとうございました。

また、役に立った記事に対し「nice!」ボタンをクリックしていただいたり、わざわざコメントを下さった皆様に感謝いたします。

さらに、スポンサードリンクをクリックしていただいたり、アフィリエイトリンクから商品を購入して頂き、本ブログの運営費に貢献してくださった皆様に、深く感謝をいたします。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

金田麻有というふざけた名前のゴミ記事ライター [芸能]

最初に、金田麻有というゴミ記事ライターの存在に気付いたのは、ロンブー田村淳が、ある記事をツイッターで批判したことが、ネットニュースで取り上げられていたのがきっかけだ。

ライター金田麻有さんの記事 ムキになって反応すると、また大人気な... - 田村淳の注目ツイート - ツイ速クオリティ!!【Twitter】

アサ芸プラスさん ライターの金田麻有さん 実際に存在する人なのかな… 逆に取材させて頂けないでしょうか? なぜこんなに楽して記事を書くのか? 読み手に不利益な情報を出すのか? クリックされればそれで良いのか? これが実際の検査キット…尿で覚せい剤、アヘン、大麻など検査できます - scoopnest.com

どんな記事かと思い、オリジナルを読んでみたら、

田中聖の陽性反応を見逃していた?ロンブー淳の反論が不十分なワケとは | ニコニコニュース

かの有名なアサ芸プラス発の記事だった。
内容的には、酷いがよくある記事で、それだけだと読んだ時点で興味を失っただろうが、この記事が記者の名前が掲載された記名記事だったもので、ついついその記者の名前に目が行ってしまい。

思わず二度見してしまったその名前は「金田麻有」

一見なんということもない名前で、女性なのかな、とさえ思ったが、よく見るとこれは「きんたまあり」と読むのだろう。
なかなかふざけたペンネームだし、多分、この人は男なのだろう。

そのことに気づいて、この「金田麻有」という人物が気になってしまい、ググってしまった。

金田麻有 | 検索結果: | アサ芸プラス

どうやら、金田麻有は、アサ芸プラスというネットニュースサイトを中心に、多数の記事を書いているライターらしい。

そして、この人の書いた記事は、ロンブー淳だけでなく、

GACKT、ネット記事に反論「ボクはどんなときもマジでやってんだよ!」

アサヒ芸能がここまで異常な雑誌だとは思わなかったという話 - 今日も得る物なしZ

別の記事では、GACKTの怒りも買っているようだし、

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース