So-net無料ブログ作成
検索選択

週刊新潮の告発記事「『文春砲』汚れた銃弾」の顛末 [報道]

『週刊文春』に対して『週刊新潮』が「『文春砲』汚れた銃弾」と大告発の波紋(篠田博之) - 個人 - Yahoo!ニュース

出版取り次ぎ大手のトーハンが、「週刊新潮」の中づり広告を、ライバル誌の「週刊文春」を発行する文藝春秋の社員に事前に漏らし、「週刊文春」がそうした情報を元に取材を行い、「週刊新潮」の発売前に、「週刊文春」のWeb版記事として掲載したりしたことを糾弾する記事が「週刊新潮」に掲載された。

この記事自体は、決してクソ記事などではなく、なかなか緻密な理詰な記事で面白い。

まず、「週刊新潮」のスクープ記事と同時に発売された「週刊文春」に「週刊新潮」の記事を知っていたかのような追加取材記事が載ったり、「週刊新潮」の掲載予定のスクープ記事が、一足先にWeb版「週刊文春」に出し抜かれたり、という状況が続いたことで、どこかで情報が漏れているのではないか?と疑い始めたのが、3年前だそうだ。
そこから、どこから漏れたのかを探るために、広告の媒体ごとに、微妙に記載内容を変えてみて、どの媒体の情報が漏れたかを特定してゆき、木曜発売の両誌の校了日である火曜日午後に、作成したばかりの車内吊り広告を、取次のトーハン経由で文藝春秋の社員が入手してコピー、社に持ち帰っていたことをつきとめ、その尾行による隠し撮り写真をグラビアに詳細に掲載したのだ。

トーハン自身もは、事実関係を認め、「中づり広告には秘密保持の規定がなく、販促物という認識だったが、他社に関する情報なので配慮するべきだった。違法性や今後の対応については新潮社などと協議していきたい」とコメントしている。

言い逃れができない緻密な取材方法で、執念を感じるな。

これに対し、文藝春秋広報部は、「情報を不正に入手、あるいは不法に入手したこと、それによる記事の書き換え、盗用などの事実は一切ありません」とコメントを出したのだが、

【速報】週刊文春、週刊新潮の告発に真っ向から反論「そうした事実は断じてありません」 仁義なき抗争へ突入か? | ロケットニュース24

私基準では、これが一番のクソ記事。
文春は「真っ向から反論」などしていない。報道するなら、文章はちゃんと読みましょう。
この事件を、面白おかしく、週刊文春と週刊新潮のヤクザ闘争になぞらえたかったのだろうが、肝心のところでズレており、読む気を失う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「あるある議事堂SP」に出演した記者たち [報道]


あるある議事堂|テレビ朝日

「あるある議事堂」は、2016年4月10日(9日深夜)から、テレビ朝日で放送開始し、毎週日曜2:15~2:45(土曜26:15~26:45)で放送されているバラエティ番組なのだが、この番組で、「あるある議事堂 写真週刊誌の記者SP」「あるある議事堂SP スクープで人生を狂わせられてたまるか!芸能人vs週刊誌の記者」と題して、週刊誌記者と、芸能人が対決する特番を、 2016年11月6日と2017年1月8日の2回、放送した。

あるある議事堂SP - Google 検索

たまたま、その2回とも部的に見ていたのだが、なかなかきわどい話題が続出し、実際、ネットメディアでも大いに話題になったようだ。

話題になった内容は、出演した記者がリークした極秘芸能人情報で、この盛り上がりは、まさにテレビ局の狙い通りなのだろうと思う。

出演する記者の方々は、芸能人から反撃を食らっても、基本的に情報を握られている弱みがあるから、最終的には芸能人が勝ちようがない。

ただ、この番組を見ていて、嬉々として、上から目線で芸能人を攻める記者の方々を見て、胸糞悪い思いをする自分がいる。

不倫はまさに倫理的な問題であり、本人は、迷惑をかけた家族に謝る必要があるのは間違いない。しかし、私は、記者会見で国民の前で謝罪する意味は全くないと思っているが、彼らはそう思っていないようだ。
また、彼らの行動原理を自分から発言していて、報道対象が好きか嫌いか、あるいは、マスメディアに従順か刃向うかで、どこまで責め立てるかを決めていることを明言しており、そこに報道機関としての正義の価値基準があるとは思えない。

だから、途中で番組を見るのは止めてしまったのだが、番組を見ていて心の中に引っかかったことがあり、後から検索してみたのだが、全く情報が出てこなくて、不思議なことがある。

この番組に出演した芸能人の名前は、公式サイトにも掲載されているのだが、なぜか出演した記者の名前が全く掲載されていないのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース