So-net無料ブログ作成
検索選択

「渡辺謙の不倫相手は田中みな実似」という報道の違和感 [芸能]

芸能メディアは、今、一番話題になりメディアが売れる「ゲス不倫」を、必死で探している。

【文春不倫報道】渡辺謙の相手は元ホステス!写真画像はニューヨークで「嫁の南果歩が乳がん療養中に」 | CLIPPY

その最新ニュースとして、今話題なのが、渡辺謙さん。2017年3月30日発売の週刊文春が、彼の不倫をスクープし、それがテレビのワイドショーなどでも広く取り上げられ、話題になっているようだ。

私自身は、以前にも書いたが、不倫は当事者間の問題であり、当事者間で解決すればいいだけのことであり、世間にお詫びする必要なんかないと思っているし、不倫に対し、マスメディアの記者たちが、「世間に謝罪し、しばらく謹慎なければならない」と当然の前提のように考えていること自体が、不思議でならない。

ただ、百歩譲って、マスメディアが、芸能人の不倫を報道すること自体は許されることだとして、今回の文春の記事には、とても違和感を感じる部分があった。

渡辺謙が“田中みな実似”美女と「NY不貞」、次号はさらなる文春砲? | アサ芸プラス

それは、渡辺謙の不倫相手とされる女性についての説明なのだが、「現在36歳で、北新地の高級クラブのNo.1ホステスだったそうで、現在はジュエリーデザイナーをやっている小柄で田中みな実似の美女」だという部分。

芸能人が、顔出し不可の一般の結婚相手を紹介するときに、芸能人に例える「○○さん似の美女」などと紹介するのは、よく使う常套手段ではある。
しかし、こうした不倫相手を例えるのに、芸能人の名前を使うのって、その芸能人にかなり失礼な話じゃないかと思うのだ。

女性には嫌われるブリッコキャラの田中みな実というパブリックイメージを利用して、不倫相手を印象付けたかったのだとしたら、実にいやらしい話。たとえられる側から見れば、とんだとばっちりだ。

週刊文春は、よっぽど田中みな実が嫌いなのか、「コイツならヨゴレだから、こういう例えに使っても大丈夫」といった風に、下に見ているんだろうな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

女性セブン「赤江珠緒、不妊で母親と断絶」 [芸能]

赤江珠緒「このたび妊娠しました!」ピエール瀧「え?俺の子?」www|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~

42歳でのご懐妊ということで、誰もが祝福ムードの赤江珠緒だが、女性セブンだけが、何とか人の気分を悪くさせたいらしく、こんな記事を載せていた。

赤江珠緒 「実家の母との溝」を埋め、42才で念願の妊娠│NEWSポストセブン

女性セブンの記者が、赤江さんの実家を取材で訪れてきたらしく、記事によれば、

・母親は「嬉しいです。ご近所さんからも“おめでとう”って声かけてもらって。正直、もう私は諦めていましたから…。いろいろありましたけど、今は無事に元気な子が生まれてくるよう祈るだけです」と感無量の様子。

・年齢に加え、「子供はまだ?」「結婚何年目だっけ?」という周囲からの言葉も赤江を苦しめた。

・母親「40才になるまでは、私もしつこく“子供はまだ?”“子供はあかんね?”と言うとりましてね。姉(珠緒は次女)には孫もおるもんで。ちょっと言いすぎた部分はありました。そのうち、娘は私の小言を煙たがるようになって…」

・赤江さん自身、「たまむすび」で、妊娠を急かす母親の言葉が長年重荷になっていたことを明かしている。
(注)私の記憶ではそんな発言聞いたことないな。本当に、そんなこと、あったっけ?

・赤江さんが、「できないものはしょうがないでしょ!」と泣きながら電話を叩き切り、衝撃のあまり受話器が壊れたこともあったという。
(注)受話器が壊れる(笑)って、携帯電話やコードレスホンは受話器とは呼ばないと思うが、赤江さん家は黒電話なんだろうか?

・母親「本人の気持ちも考えず、悪いことしました。娘は妊娠について聞かれるのが嫌で、一時は全く連絡をくれなくなってしまったんです」

・降りかかる“禁句”から逃れるように、母子の断絶は続いた。
(注)「たまむすび」でも、実家の話題、しょっちゅう聞いていた気がするんだけどなぁ。あれは幻聴だったのだろうか(笑)

・母と断絶した赤江は、以降、妊活と仕事の両立を目指し、2015年4月からはメーンMCを務める新番組「この差って何ですか?」(TBS系)もスタート。だが、多忙を極める赤江の体は悲鳴を上げていた。

・別のテレビ関係者「ストレスからヘルペスを発症して、一時は頬もげっそりしていた。妊活しながらの早朝番組は負担が大きすぎます。はたから見ても心身が限界なのは明白でした」

・同年11月、赤江は「モーニングバード」を降板。40才にしてようやく世間一般の生活リズムを取り戻した赤江は、徐々に母親との溝を埋めていった。
(注)この辺、完全に時系列が間違い。「この差って何ですか?」が始まったのは、「モーニングバード」降板後だ。

・母親「時間が経てば変わるものです。仕事でこっちにくるときは実家に寄ってくれるようになってね。その頃はもう、私らも子供のことは一切言わんようにしていましたから。気が楽になったのかもしれませんね。東京から電話もくれるようになりました」
(注)そりゃ昼夜逆転の仕事をしていたら、実家に帰れないし、迷惑が掛かるからそんなに頻繁に電話もできないだろう。それと出産の話とは関係ない気がするけど?

・母親「男の子でも女の子でもいいんです。健康な子を産んでくれたらね。近く、娘の様子を見に行こうと思ってます。出産にはもちろん立ち会います。今から楽しみです」

・父親も相槌をうちつつ「余計なこと言うとアレだから。妊娠も出産も、なるようにしかならん。元気でいてくれたらそれでいい」

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

SMAP中居正広「おまえに期待してねえ!」田中みな実の“嘘”を糾弾 [芸能]


SMAP中居正広「おまえに期待してねえ!」田中みな実の“嘘”を糾弾 | 日刊大衆

このブログを開設する遥か前の記事で申し訳ないが、この記事のソースの番組を改めて取り上げたい。

この記事に書かれていた10月4日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)という番組を、私は録画で見ていたのだが、その後の報道に、ずっともやもやと違和感を感じていたことがあるのだ。

その違和感は、この記事を書いた日刊大衆に対してではなく、この番組を放送したテレビ朝日に対するものだと、後から気づいた。

中居正広のミになる図書館 - Wikipedia

録画はまだHDDに残っているので、記事内容と、実際に放送された内容を対比して、ちょっと考察してみたい。

10月4日放送の『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)に、フリーの田中みな実アナウンサー(29)が出演。サプライズとしてかばんの中身をチェックされたのだが、SMAPの中居正広(44)に、疑いの目を向けられる場面があった。 番組冒頭、岡江久美子(60)が自分のかばんの中身を紹介したのだが、その流れで田中アナのかばんがスタジオに登場した。セリーヌのハンカチ、プラダのポーチに続いて中から出てきたのは、ビニールに入れられたフルーツと野菜だった。田中アナは「これはフルーツトマトと、シャインマスカットと、ナガノパープルです。私これ、お昼ごはんです」と説明。尼神インターの誠子(27)が「ほんまに? 男の前やから言ってるんじゃなくて?」と疑問を呈したが、田中アナは「朝ご飯しっかり食べるから、お昼は収録前に食べるとお腹いっぱいになって眠たくなっちゃうから」と主張した。

この場面、さらに詳細を書くと、岡江久美子のかばんの中身紹介があっさり終わった後、突然「別の出演者のカバンがある」ということで、田中みな実のカバンが運び込まれ、嫌々ながら中身を開けられる、というよくある状況だった。

収録番組の本番で、ドッキリで、岡江久美子の後、田中みな実のかばんも開けて見るというのは、番組の台本通りなのは、番組意図で間違いない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

明石家さんま「SMAPのせいで収入ガタ減り」発言に、ファン激怒 [芸能]

明石家さんま「SMAPのせいで収入ガタ減り」発言に、ファン激怒 | 日刊大衆

本日は、あちこちのネットニュースでも取り上げられている、こちらの週刊大衆の匿名記者の記事を取り上げる。

この記事は、12月3日にMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で、明石家さんまがしゃべった内容を部分的に切り取って、それを元に記事にしたものだ。


その番組内容は、こちらで聴ける(2016年12月10日までは、radikoタイムフリーでも聞ける)ので、この記事がどの程度真実なのか、検証してみよう。

12月3日に放送された『ヤングタウン土曜日』(MBS)で、明石家さんま(61)が今年の収入について語った。

早速、読者に誤解を招かせる意図的な表現!
番組を聞けば分かるが、明石家さんまは、番組で「今年の収入」というテーマで話などしていない。

番組冒頭、「12月に入りバタバタしている」というさんまの話の流れで、それでも、今年は「『さんスマ』も『さんタク』もないから仕事は少ない」という趣旨の発言をしただけだ。
そして、その後「おかげで収入ガタ減りですよ」というセリフが続いたのを、この記事で切り取って、

しかし、ファンが反応したのは“ない”と明言したことよりも、その後のさんまさんの言葉です。“おかげで収入ガタ減りですよ”という発言に、ファンは悲しんでしまったようですね」(アイドル誌ライター)
その際にSMAPの名前が挙げられたことがネットで話題となっており、SMAPファンは「なんでもかんでもSMAPを引き合いに出して話さないで!」と怒り心頭のようだ。

と書いている。

まず、匿名記者が書いた記事に出てくる、匿名のアイドル誌ライターの発言という時点で、まったく信憑性がない(笑)
いくらでも創作可能だ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース