So-net無料ブログ作成

ギズモード・ジャパン「MP3、正式に終了のお知らせ」 [IT]

スポンサードリンク




このサイトを立ち上げたときには、全く対象には考えていなかった、IT関係のクソ記事を見つけてしまったので、ご紹介。

mp3.jpg

MP3の特許ライセンスが終了 - AV Watch

音声コーデック「MP3」を開発した独Fraunhofer社が、Technicolor社のMP3関連特許と、Fraunhofer社とTechnicolor社のMP3関連ソフトウェアのライセンスプログラムが4月23日に終了したことを明らかにした。
という報道を受けて、ギズモード・ジャパンが、次の記事を掲載したのだが、これが呆れるクソ記事。

MP3、正式に終了のお知らせ|ギズモード・ジャパン

記事を要約すると、

・MP3がついにその役目を終えようとしている ・その理由として、最近のメディアサービスは、低ビットレートで高音質のAACや、次世代のMPEG-H、最新のISO-MPEGコーディックなどを使っている。
・この意思決定は、全てのメーカーがフロッピードライブの代わりにCD-ROMに移行していくようなもの
・MP3をサポートしているメーカーもあるが、今は、AACがスタンダードとなっている
・MP3はその役目を終えようとしているが、デジタルコンテンツの様相を変えたその功績は計り知れない
・レコードやカセットテープと違って、MP3はノスタルジックなマニア向けの需要はないだろう

といったもの。

ギズモードって、人気もある「IT系の専門ニュースサイト」だよね?
そういうサイトが、「これだけ的外れな論評記事を書いていいの?」と唖然とする。

上の要約を見ても、素直に同意できるのは、最後の「MP3はノスタルジックなマニア向けの需要はない」という項目だけ。

それ以外は、首をかしげる内容ばかりなのだ。

今回の発表は、MP3コーデックを開発した独Fraunhofer社の基本特許が、特許の有効期限の20年を迎えたことで、そのライセンスプログラムを終了した、ということに過ぎない。

そもそも、ある技術の特許が切れることと、その技術がその役目を終えることとは、何も関係がない。
もし、そお技術が20年経っても有益なものであれば、「特許が切れる=タダで使える」ということであり、むしろ、利用する側からすれば嬉しいことでしかない。

日亜、特許戦略踊り場 LED有力案件、17年に期限  :日本経済新聞

例えば、中村修二さんが書いた日亜化学工業の青色LEDに関する主要特許の多くが、今年2017年に切れるらしいのだが、青色LEDの需要はまだまだこれから増える一方だ。
特許が切れることで、青色LEDや、それを利用した白色LEDのさらなる低価格化が進み、むしろ普及が加速するだろう。

それなのに、MP3のライセンスプログラム終了の発表が、なぜ「MP3が正式に終了」することになるのか?

具体的に見ていっても、最近の高品質なデジタル放送や、ストリーミングサービスでは、AACなどのコーデックが使われるケースがほとんどではあるが、じゃあMP3が使われてないかというと、そんなことはない。
欧州の地デジ(DVB-T)では、ほとんど今でもMPEG-2 Audio Layer-3=MP3)コーデックが使われて続けている。
ストリーミング配信でも、低ビットレートの動画であれば、今でも音声はMP3であるケースが多い。
記事が、MP3終焉の原因の一つに挙げたアップル社のiTunesは、音楽配信は確かにAACを使用しているが、ポッドキャストの方はというと、今でもほとんどのコンテンツが、AACではなくMP3で配信されている。

再生機器の側を見ても、ポータブルオーディオプレーヤーや、DLNAオーディオ機器で、MP3が再生できない製品と言うのも、まずない。
むしろ、今、iPodやWalkmanが、MP3のサポートを打ち切ったりしたら、「とんでもないこと」であり、非難轟々となるだろう。

これらの状況証拠を見ただけでも、「MP3が正式に終了」という結論が誤りであることは明白だろう。

さて、MP3は、デジタル放送やストリーミング配信のコーデックとして規格化され利用される一方、フリーのコーデックソフトが、個人がCDを圧縮して、ポータブルMP3プレーヤーで持ち歩くために、利用が拡大してきたが、

MP3のライセンス問題はその後どうなったのか : Timesteps

MP3のライセンスに関しては、Fraunhofer社が、MP3コーデックを使用する製品やサービスを次々と特許侵害で訴え、マイクロソフトなどもライセンス料を払っていたりした。

フリーソフトの世界でも、訴えられる危機感から、特許をできるだけ避けたMP3コーデックLAMEが開発されたり、Ogg Vorbisなどの新コーデックも誕生したが、Fraunhofer社は、結局、彼らを訴えることはなかった。
おそらく、AACなどの対抗規格が登場しシェアを伸ばす中で、個人レベルでのMP3の利用を厳しく制限するより、利用を許した方が、ビジネスで優位に立てると考えたのだろう。

その結果、MP3は、特許の有効期限である20年が経過しても、未だに広く利用されている技術となっている。

GIF特許、日本でも期限切れに - ITmedia NEWS

GIFという画像フォーマットも似たような状況があり、基本特許を持つユニシスが、ライセンス料の徴収を要求し始めた。
それを避けるため、新たにPNGという画像フォーマットが発明され、それが使われるようになった時期もあったが、2004年にはGIFの基本特許が切れたことにより、再びGIFの利用が盛り返している。

ニュース - オックスフォード米語辞典が選ぶ今年の言葉、動詞の「GIF」:ITpro

2012年には、「オックスフォード米語辞典の今年のことば」(日本で言えば「新語・流行語大賞」みたいなもの)に、「GIF」が輝くまでに復活した。
この年頃から、短い動画を気軽にWebに掲載できる手段として、Animation GIFという技術が爆発的に利用され始めたためで、それは今でも続いている。

MP3も、特許が切れたことで、GIFと似たような状況で、地道に使われ続けるのではないだろうか?

AACがMP3より圧縮効率がいいとは言っても、数%~十数%程度の話であり、何倍も効率がいい訳ではない。
個人利用の世界では、まだまだ、MP3が「終わりを迎えた」とは思えないんだけどな。

関連記事:
科学技術ニュースの伝え方の難しさ:今日のクソ記事:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パイオニア N-50A ネットワークオーディオプレーヤー
価格:57049円(税込、送料別) (2017/5/26時点)




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました