So-net無料ブログ作成
検索選択

「あるある議事堂SP」に出演した記者たち [報道]

スポンサードリンク





あるある議事堂|テレビ朝日

「あるある議事堂」は、2016年4月10日(9日深夜)から、テレビ朝日で放送開始し、毎週日曜2:15~2:45(土曜26:15~26:45)で放送されているバラエティ番組なのだが、この番組で、「あるある議事堂 写真週刊誌の記者SP」「あるある議事堂SP スクープで人生を狂わせられてたまるか!芸能人vs週刊誌の記者」と題して、週刊誌記者と、芸能人が対決する特番を、 2016年11月6日と2017年1月8日の2回、放送した。

あるある議事堂SP - Google 検索

たまたま、その2回とも部的に見ていたのだが、なかなかきわどい話題が続出し、実際、ネットメディアでも大いに話題になったようだ。

話題になった内容は、出演した記者がリークした極秘芸能人情報で、この盛り上がりは、まさにテレビ局の狙い通りなのだろうと思う。

出演する記者の方々は、芸能人から反撃を食らっても、基本的に情報を握られている弱みがあるから、最終的には芸能人が勝ちようがない。

ただ、この番組を見ていて、嬉々として、上から目線で芸能人を攻める記者の方々を見て、胸糞悪い思いをする自分がいる。

不倫はまさに倫理的な問題であり、本人は、迷惑をかけた家族に謝る必要があるのは間違いない。しかし、私は、記者会見で国民の前で謝罪する意味は全くないと思っているが、彼らはそう思っていないようだ。
また、彼らの行動原理を自分から発言していて、報道対象が好きか嫌いか、あるいは、マスメディアに従順か刃向うかで、どこまで責め立てるかを決めていることを明言しており、そこに報道機関としての正義の価値基準があるとは思えない。

だから、途中で番組を見るのは止めてしまったのだが、番組を見ていて心の中に引っかかったことがあり、後から検索してみたのだが、全く情報が出てこなくて、不思議なことがある。

この番組に出演した芸能人の名前は、公式サイトにも掲載されているのだが、なぜか出演した記者の名前が全く掲載されていないのだ。

あるある議事堂 - Wikipedia

公式サイトどころか、Wikipediaにも情報がないのだから、誰も出演した記者に興味がないのかな。

私は物凄く興味あるんだけど。

公人 - Yourpedia

というのも、以前ある週刊誌記者がテレビで語ったところによれば、芸能人でなくても、ギャラをもらってテレビに出ていれば、「一般人」ではなく「準公人」として扱い、報道の対象になるそうだ。

だとしたら、この番組に嬉々として出演し、ベラベラしゃべっている週刊誌記者の皆さんも、報道の対象となる「準公人」ということになる。

「準公人」なのだから、何かのスキャンダルがあれば、彼らのプライバシーが暴かれても、文句は言えないだろう。

そこで、出演した記者さんについて、公開されている情報を調べてみることにした。

芸能記者と芸能人がガチで激突!YOU、とにかく明るい安村らが元・文春記者らに不満をぶつける! | OWARAI FAVCLIP|お笑いファブクリップ - お笑いニュースを毎日配信!

こちらに出演者情報があったので、掲載されている記者の方々を調べ、彼らの情報をネットで検索してみた。

それを以下に掲載する。

1.宮嶋茂樹
o0280045011104183724.jpg

宮嶋茂樹 - Wikipedia

宮嶋茂樹は、出演者の中では、一番有名な報道カメラマンであり、ジャーナリストで、著作も多い。現在は、あんまり芸能記者としてのイメージはないが、元々「フライデー」の専属カメラマンだったらしい。

1961年5月30日、兵庫県明石市生まれで、日本大学藝術学部写真学科卒。

「フライデー」専属カメラマンを経て、20台半ばにフリーになったが、その頃離婚しているそうで、その後結婚したという話は聞かない。子供もいないようだ。

不肖!宮嶋茂樹のウェブサイト

公式サイトを運営して、自ら情報発信している。通称「不肖・宮嶋」の名付け親は、戦場カメラマンでジャーナリストの勝谷誠彦。

海外の戦地などでの取材も多く、第3回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞写真賞、日藝賞第4回などを受賞する。

Wikipediaによれば、「毎年8月15日には必ず靖国神社への参拝を心がけているという。また、皇紀(神武天皇即位紀元)を、産経新聞での自身のコラムで使用している。」とのこと。
また、2006年1月19日号の「週刊文春」で、ニート問題の対応策として徴兵制を主張したことがあるそうだ。

2.中村竜太郎
cbfd22302b602fe4738e5329d33f4a6220151111172932863_262_square.jpg

中村竜太郎 - Wikipedia

1964年生まれで、出身は不明。

大学(名称不明)卒業後、アパレルメーカーに入社し、28歳で「女性自身」で記者デビューした。
その後、1995年から週刊文春の記者になり、20年間務め、2014年11月からフリーになった。

結婚しているか、子供がいるかは、不明。

2004年のNHK巨額横領事件、ASKAの薬物事件など功績が認められ、ジャーナリズム賞で大賞を3度受賞しているとのこと。

得意分野は、政治・経済・スポーツ・芸能・皇室など多岐にわたるそうだ。

【コラム】中村竜太郎の「七転八倒日記」更新しました! | テレビ朝日 | テレ朝・芸能特報

ちなみに、本人の公式有料ブログがあり、そこで日々の情報発信をしているようだ。

3.佐々木博之
photo_sasaki.jpg

佐々木博之 - Wikipedia

1955年3月3日生まれで、宮城県仙台市出身。

結婚しているか、子供がいるかは、不明。

中央大学理工学部を卒業後、レーシングチームのマネージメントなどチーム運営に係わり、31歳の時に、「フライデー」の取材記者となり、芸能、事件などの記事を担当。現在は、フリーの芸能レポーター・芸能ライター。

KOZOクリエーターズ | 芸能リポーター・ジャーナリスト集団

同じ芸能レポーターの井上公造が代表取締役を務めるKOZOクリエイターズ所属だそうだ。

趣味は空手だそうで、47歳にして白蓮会館に入門し、全関東空手道選手権大会にも出場しているとのこと。

4.荒木田範文
arakida.jpg

Wikipediaのページも、まとめページもなく、年齢、出身地不明。

結婚しているか、子供がいるかも、不明。

現在、「週刊女性」の記者であることぐらいしか、情報がない。

価格.com - 「荒木田範文」に関連する情報 | テレビ紹介情報

ハッシュタグ #荒木田範文
矢口の不倫とか、山田優の妊娠などのスクープの実績があるそうだ。
また、旧名「能年玲奈」こと「のん」の事務所独立に絡み、彼女に関するスキャンダル情報を率先して流したことで、様々な議論を呼んでいるようだ。

5.上田耕司
スクリーンショット 2017-01-22 22.06.20.png

Wikipediaのページがなく、年齢、出身地不明。

結婚しているか、子供がいるかも、不明。

現在、「週刊朝日」の記者であることぐらいしか、情報がない。

上田耕司の話題まとめ - エキサイトニュース(1/9)

ただ、「週刊朝日」では、一件、大問題を起こしているようだ。
2003年1月24日号に、「独占インタビュー」として北朝鮮による拉致被害者の地村保志、富貴恵夫妻の取材記事を掲載したが、契約記者の上田耕司が地村夫妻の承諾をとらずに会話を隠しマイクで秘密録音し、記事にしないようにとの要請があったにも関わらず無断で掲載したものだったと発覚。当初、「取材の承諾を得たものだと理解」と強弁していたが、地村家が朝日新聞社の全ての取材を拒否した後に謝罪。鈴木健編集長、山口一臣副編集長が停職10日、出版本部長が減給処分となったそうだ。

6.橋本堅次郎
スクリーンショット 2017-01-22 22.18.13.png

Wikipediaのページがなく、年齢、出身地不明。

結婚しているか、子供がいるかも、不明。

価格.com - 「橋本賢次郎」に関連する情報 | テレビ紹介情報

現在、「週刊大衆」の記者で、記者歴6年という情報しか見つからない。

7.坪井安奈
bc3dd415-s.jpg

坪井安奈 - Wikipedia

Wikipediaを見ると、記者というより、元々タレントみたい。
1988年11月3日生まれで、滋賀県甲賀郡甲西町(現・湖南市)出身。
血液型はB型で、配偶者はなし。

横浜ベイスターズのチアや、情報番組のリポーターとして活躍していたらしいのだが、番組では元「女性セブン」記者として登場していた。

坪井安奈オフィシャルブログ「あんなのさんぽ道」Powered by Ameba

坪井安奈(@anchuuuuuuu)さん | Twitter

しかも、サンズエンタテインメントに所属し、公式ブログや、ツイッターアカウントもあり、あっけらかんと個人情報を公開している。むしろ、芸能記者に追われる立場に見えるのだが。
これまでの活動を見ると、番組レポーターとしての活動はやっているようだが、どこを見ても、「女性セブン」記者だったというような経歴は出てこない。
今回は、画面上、美女記者も欲しかったので、無理やり出させられのか? 番組内でも、あまり大した発言はなかったな。

8.豊沢朱門
VrFo3FlZ_400x400.jpg

番組では、週刊誌記者として紹介されていたが、検索してもほとんど何も情報が出てこない。

豊沢朱門(@dogs_souvenir)さん | Twitter

唯一見つかったのが、公式ツイッターアカウント。顔写真もあるし、番組内容についてツイートしているので、本人に間違いない。

なのだが、プロフィール欄を見ると、「よく雑誌やサイトでネタとしてモデルに使われたり、記事を書けとか言われています。イベント企画・運営などもやっています。あと昔は六本木でバー経営なぞやっておりました。時々、カメラマン。」と書かれており、本人は週刊誌記者という職業に就いている意識はない模様。
こちらも、出演者が足らなくて、イケメン枠での人数合わせの出演だったのか? この人も、番組内ではあまり大した発言はなかったな。

各記者について、ネットでググって、分かったのはこのぐらいの情報。

本などを出したり、事務所に所属している人は別にして、皆さん、さすがに個人情報の秘匿には熱心で、ほとんど何の個人情報も明かしていない記者さんが多いようだ。優秀なGoogleの画像検索でも、ほとんど顔写真が出てこない方もいて、その徹底ぶりはさすが。

ただ、ざっと見て言えるのは、少なくとも、坪井安奈という人と豊沢朱門という人は、テレビ番組で付いていた肩書に値する仕事はしていないように見えるんだけど・・・本人の意思か、番組が無理やりこじつけたのかは知らないが、こういうのは経歴詐称とは言わないのかね。

とはいえ、どの方もテレビに頻繁に出ていて、個性的なお顔をしているので、街中で彼らを見かけたら分かるでしょう。
もし、彼らを街中で見かけたら、彼ら自身が熱心に追っているような法的問題や、倫理的問題を、彼ら自身がプライベートで起こしていないか、チェックしてみるのもいいかもしれません。

また、もし、追加で分かる彼らの情報をご存知でしたら、ブログ左上の投稿フォーム、または、この記事のコメントとしてご連絡くだされば幸いです。
何の謝礼もありませんが、ご本人、または、ご本人の関係者が、どこかで一般に明かしている明確な情報であれば、この記事の情報として追加し、充実させていきたいと思う。

関連記事:
そろそろ注意して!福原愛の「お花畑スマッシュ」にアンチが急増中 ?:今日のクソ記事:So-netブログ







スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました