So-net無料ブログ作成

前の5件 | -

日本礼讃番組のウンザリ感 [社会]

富永ゼミグループ研究「日本礼讃番組はなぜ増加したのか」1/3 | 富永 京子 / TOMINAGA Kyoko

相変わらず、日本文化や、日本製品が素晴らしいと絶賛する番組が多く、正直飽き飽きしている。

海外の反応アンテナ | 今日の人気エントリー100撰

海外反応! I LOVE JAPAN 

同様に、日本文化などについて海外の反応を翻訳したまとめサイトも大人気だが、こちらも、時々は光記事はあるものの、大半は読むのもうんざりだ。

img_01.jpg

cool japan 発掘!かっこいいニッポン | NHK

日本の良さを、外国人の視点を通じて発掘しようというコンセプトの番組は、NHK BS1で放送されている「cool japan 発掘!かっこいいニッポン」が、2007年のスタートで一番最初だったと思う。
鴻上尚史とリサ・ステッグマイヤーが司会で、例えば、ママチャリが日本にしかなく、その中古自転車が海外に輸出され、中東の女性などで重宝されている実態や、ランドセルが一部の海外の女性で人気であることなどは、この番組で初めて知ったと思う。

後発の日本礼賛番組でも、この番組がBSのみであまり知られていないこともあり、パクリネタが非常に多い。

「YOUは何しに」ディレクター 日本礼賛番組を「大嫌い」と辛らつ - ライブドアニュース

「YOUは何しに」は、空港などで、色々な目的で日本に来る外国人を追いかけるというテレビ東京らしい番組で、当然、取り上げられるのは当たり前ではない来日目的ばかりで、それを不干渉で追って取材することがドキュメンタリーとして面白い。

面白かったのは、ここまで。それ以外は、もう見たいとも思わない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ネットのゴミニュース・鈴木拓の見事な火消し例 [芸能]

鈴木拓【前編】クズ芸人・鈴木拓のキレイごと抜きの処世術|書いた人に聞いてみた。|cakes編集部|cakes(ケイクス)

ドランクドラゴンの鈴木拓というと、最初、ネットでの発言で炎上を繰り返すクズ芸人という扱いだった。
それが、そのクズ発言を続けていくうちに、その発言内容が、クズはクズなりに一本筋が通っていることを理解する人が増え、むしろそれが共感を呼び、発言に対して炎上を仕掛ける人が出てきても、すぐに擁護発言をする人が増え、以前のように炎上しなくなった。
私自身、この人の本音の発言は、決して嫌いではない。

program_icon_pc_179_0d6502a7757971f7c90a6a6224bd9482811b89d0.jpg

ドランクドラゴン鈴木拓宅|TBSラジオFM90.5+AM954~聞けば、見えてくる~

TBSラジオで「ドランクドラゴン鈴木拓宅」という番組が放送されていて、時間がなくてなかなか毎週ではないが、面白いので時間があれば聴いている(ラジオクラウドで、過去の放送もすべて聞ける)。

番組が面白いのは、パーソナリティである鈴木拓のクズ発言ではあるのだが、その面白さを倍増させているのが、アシスタントである宇垣美里のドSなツッコミや、イジリだ。
もちろん、番組として、鈴木拓も宇垣美里も、面白くなるよう役を演じているのだが、その相性がとてもいい。

この「ドランクドラゴン鈴木拓宅」という番組が、最近ネットで話題になったのが、この番組に関して鈴木拓本人がツイートしたこちらのメッセージ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ネットにゴミ記事ばかりが溢れる理由 [ネットメディア]

ネットニュースを眺めていると、刺激的、扇動的なタイトルだけが目立ち、中身は、何もない記事ばかりが拡散され、空しくなる。
ツイッターでも、世間の評判を確かめようと、あるキーワードで検索すると、出てくるのは、そのキーワードに関する愚にもつかないネットニュースのリツイートばかり、というケースが多く、全然参考にならなくなりつつある。

そんな思いを抱いていたところに、こんなちょっと古い記事を発見。

なんてことのない記事ばかりがネットに溢れる理由 | ネットジャーナリズムの光と影 奥村倫弘 | ダイヤモンド・オンライン

ネットニュースの質が低下していく過程で、ニュース・キュレーションアプリが大きな影響を与えているという。

ニュース・キュレーションアプリ TOP3は年初からの利用者が2倍以上に増加 | ニュースリリース | ニールセン デジタル株式会社

ここ数年で、SmartNews、グノシー、Yahoo!ニュースなどのニュースキュレーションアプリの利用者が急増しているらしい。

新聞の発行部数が激減!!グラフで一目瞭然!!「朝日」「読売」「毎日」・・ - 愛詩tel by shig

紙の新聞は、ネット配信なんてやらなくても問題ないと、自信満々だった読売新聞でさえ、2013年から販売部数が急激に下がり始めており、日本でも一足先の大手新聞社が崩壊した米国と同じ状況が再現されつつある。

それに代わって、皆、無料のスマホアプリで、ニュースを読む人が急増しているという訳だ。
ただ、こういったニュースアプリを運営する会社は、それ自体は記事を書く記者を抱えておらず、お金を払ってニュースメディアから記事を購入して掲載しているだけの会社だ。
そうしたニュースを、無料で提供するには、ニュースのアクセスに伴い表示される広告による収入が頼りとなる。

そこで、広告収入を増やすため、ニュースへのアクセス数を増やすことが重要になるので、ニュースのタイトルは、「内容を端的に表す」という本来のタイトルの目的を離れ、いかに読者の興味を引き、クリックさせるか?という方向に突き進んでいる。

極端に言えば、そこに記事内容なんて要らないとも言える。読者の興味を引く優秀なタイトルさえあれば、儲けは増えるのだから。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ゴミ記事ライターの実態 [ネットメディア]

最近、いくつかの記事や番組で、ネットニュースでゴミ記事を量産するライターを取材し取り上げ、少しずつその実態がわかるようになってきた。

現役ネットライター『テレビを観ながら、妄想で記事を書いて、年収1500万円』ネットニュースの仕事の実態 @フジテレビ - Togetter

一番最初に取り上げたのは、2016年12月28日(水) 21:00~23:43に、フジテレビで放送された「バイキング・ゴールデン!坂上忍と怒れるニュースな芸能人 あの事件の真相ぶっちゃけSP」という番組だったと思う。

バイキング・ゴールデン! 2016年12月28日 動画 - 2016.12.28 - bakotv

この番組で、現役ネットライターが覆面で登場し、ネットニュースの実態を語っているのだが、芸能人に会ったことは一度もなく、取材もしないという。
単に家でテレビやネットを観ながら、特に、刺激的な発言をするタレントや番組は常に見張っていて、あとは、妄想だけででニュース記事を書くのだという。

ニュースサイトがプレビュー数を稼ぐため、番組放送後30分以内の納品が要求されたり、タイトル&キーワードを指定された記事の依頼もあるそうで、そうした要求にも迅速に的確に応えるライターが重宝されるらしい。

記事単価は、番組当時で1本5,400円で、年収は1,000~1,500万円とのことだった。

最後に「罪悪感はない。芸能人の方は気にしないでほしい」と発言し、出演者一同の怒りを買っていたが、思いのほか多い年収に驚きの声も上がっていたな。

ただ、年収1,500万円を単価5,400円で割ると、実は、毎日平均7本のゴミ記事を書けばいいことになり、決して不可能な年収でないことがわかる。

ゴミ記事を量産20代「元編集長」がテキトー過ぎる運営を激白

次に読んだ記事が、「NEWポストセブン」というニュースサイトに掲載されたこちらの記事(日付不明だが半年ぐらい前に読んだ)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

有賀さつきさん逝去に関するまとめサイト記事に怒りが湧く [芸能]

有賀さつきさんの父、娘の死について「まったくの予想外でございました」 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

元フジテレビのアナウンサー、有賀さつきさんが逝去されていたことが、2月5日に分かった。52歳だったそうだ。
2月5日のフジテレビの朝の情報番組を見ていても、全く誰も状況を知らなかったようで、情報の確認に追われ、他の放送局よりニュースを流すのが遅れた程だった。

その後の情報を総合しても、元夫の和田氏も、全く知らなかったそうだし、父親でさえ、入院していたことは知っていたものの、そんなに病状が悪いとは知らなかった様子だった。父親は、死因となった病名についても、知らなかったようで、後で、医師にも確認したが、有賀さんの堅い意志もあり、公表しないことにしたそうだ。

父親によれば、亡くなったのは、1月30日で朝、病院から電話があり知ったとのこと。
身内だけで、1月31日通夜、2月1日に葬儀を行い、有賀さんのお子さんは、お父さんの家にいるそうだ。

まだ未成年のお子さんを残しての逝去は、さぞかし無念だったと思う。謹んでご冥福をお祈りします。

今回、腹が立ったのが、一般の人間がアフィリエイト収入を目的に開設している、一部の芸能ニュースのまとめサイトに記事だ。

そもそも、このブログは、お金儲けのために、職業としてクソ記事を生み出すクソメディアについて糾弾することを目的としている。
だから、素人の掲示板の書き込みや、まとめサイトの記事は、対象外としてきた。
それを扱い出したらきりがないし、取り上げても、クソメディア以上に何の効果もないと思うからだ。

しかし、人が病気で亡くなったのを、興味本位で取り上げ、それによりアフィリエイトを稼ごうとするサイトを、実際に見かけると、たとえ素人とはいえ許し難いので、いくつか気になったサイトを取り上げておく。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -