So-net無料ブログ作成

前の5件 | -

プレステVR、一瞬でブーム終了…低レベルでゲーマーの失望深刻、販売小出しで話題づくり [IT]

100000001003708924_10204_003.jpg

PS4に繋ぐVR(バーチャルリアリティ)用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)PlayStation VRに関して、こんなゴミ記事を発見。

プレステVR、一瞬でブーム終了…低レベルでゲーマーの失望深刻、販売小出しで話題づくり | ビジネスジャーナル

清談社--新宿歌舞伎町の編集プロダクション 

清談社という、大手雑誌の特集記事なども手掛ける編集プロダクションの森江利子という方の記名記事なのだが、それにしては杜撰な内容だったので、取り上げたい。

ソニーPS4が7000万台を突破、マイクロソフトXbox Oneに大差で圧勝 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

まず、この記事を評価する前に、PS4とPlayStation VRの現状について、確認しておこう。
PS4の現状について評価する際、まず気を付けなければいけないのは、欧米と日本で全く状況が違うということだ。

欧米を中心に全世界レベルで見ると、PS4は2017年末段階で7,000万台を突破する大ヒットで、来年途中にはPS3の8,400万台を上回り、初代PlayStationの1億200万台も視野に入ってくる勢いであり、大成功と言っていい。

PS4、日本国内での累計販売台数が500万台を突破。国内での推移はPS3とほぼ同等 - PS3、PS4本体関連

一方日本に関しては、累計販売台数が500万台を超えたが、全世界的な比率で見ればマーケット規模は小さい。PS4の発売自体が、欧米より3カ月遅く設定されたことを見ても、ソニー自身が日本市場をあまり重視していなかったことが分かる。

この現状を踏まえれば、PlayStation VRの状況について評価するに際しても、欧米中心の全世界規模と、日本での評価は完全に切り離して行わないと、意味のない議論になってしまう。

まずその点だけ見ても、この記事は失格。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

2018年・新年のご挨拶 [ブログ運営]

eto_inu_kakizome.png

皆様、あけましておめでとうございます。

旧年中は、本ブログのご愛顧、ありがとうございました。

本年も皆様のご多幸をお祈りします。

本日は元旦ということで、ご挨拶のみとし、本格的な記事掲載は、明日以降とさせていただきます。

関連記事:
明けましておめでとうございます:今日のクソ記事:So-netブログ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

一年間、ご愛顧ありがとうございました [ブログ運営]

illust2106.png

この書き込みが、今年の最後の記事となります。

昨年末に始めた本ブログですが、他の私が運営するブログに比べて、書き込み頻度も低く、アクセスも多いとは言えませんが、そんな中で、

フリーライター・橘カイト氏の芸能記事:今日のクソ記事:So-netブログ

「フリーライター・橘カイト氏の芸能記事」は飛び抜けてたくさんのアクセス記事を頂きました。

これからも、ゴミ記事を量産するライター、メディアに着目した記事を、細々ですが、書き続けていきたいと思いますので、たまには覗いてやってください。

それでは、一年間、本ブログをご愛顧いただき、ありがとうございました。

また、役に立った記事に対し「nice!」ボタンをクリックしていただいたり、わざわざコメントを下さった皆様に感謝いたします。

さらに、スポンサードリンクをクリックしていただいたり、アフィリエイトリンクから商品を購入して頂き、本ブログの運営費に貢献してくださった皆様に、深く感謝をいたします。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

金田麻有というふざけた名前のゴミ記事ライター [芸能]

最初に、金田麻有というゴミ記事ライターの存在に気付いたのは、ロンブー田村淳が、ある記事をツイッターで批判したことが、ネットニュースで取り上げられていたのがきっかけだ。

ライター金田麻有さんの記事 ムキになって反応すると、また大人気な... - 田村淳の注目ツイート - ツイ速クオリティ!!【Twitter】

アサ芸プラスさん ライターの金田麻有さん 実際に存在する人なのかな… 逆に取材させて頂けないでしょうか? なぜこんなに楽して記事を書くのか? 読み手に不利益な情報を出すのか? クリックされればそれで良いのか? これが実際の検査キット…尿で覚せい剤、アヘン、大麻など検査できます - scoopnest.com

どんな記事かと思い、オリジナルを読んでみたら、

田中聖の陽性反応を見逃していた?ロンブー淳の反論が不十分なワケとは | ニコニコニュース

かの有名なアサ芸プラス発の記事だった。
内容的には、酷いがよくある記事で、それだけだと読んだ時点で興味を失っただろうが、この記事が記者の名前が掲載された記名記事だったもので、ついついその記者の名前に目が行ってしまい。

思わず二度見してしまったその名前は「金田麻有」

一見なんということもない名前で、女性なのかな、とさえ思ったが、よく見るとこれは「きんたまあり」と読むのだろう。
なかなかふざけたペンネームだし、多分、この人は男なのだろう。

そのことに気づいて、この「金田麻有」という人物が気になってしまい、ググってしまった。

金田麻有 | 検索結果: | アサ芸プラス

どうやら、金田麻有は、アサ芸プラスというネットニュースサイトを中心に、多数の記事を書いているライターらしい。

そして、この人の書いた記事は、ロンブー淳だけでなく、

GACKT、ネット記事に反論「ボクはどんなときもマジでやってんだよ!」

アサヒ芸能がここまで異常な雑誌だとは思わなかったという話 - 今日も得る物なしZ

別の記事では、GACKTの怒りも買っているようだし、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

今回の総選挙の投票先の判断基準 [政治]

48election1022.jpg

今回の衆議院総選挙だが、その争点と、争点に関するニュースメディアの報道内容に関して、一言言いたいことがある。

与党は、この時期に解散した理由で、白々しいウソを言い過ぎ。「仕事師内閣」を立ち上げて、大した仕事もしないままいきなり解散で、しかも訴えるのが、これまで国会で一言も審議していない「消費税率アップ分の用途変更」だと?
野党も、自分たちの生き残りで手一杯で、右往左往するばかりで、「安倍政権にストップを!」というぐらいしか言えず、政策的な説得力がない。

何を基準に判断して投票すればいいのか、分かりにくいという声も多いのは、ニュースメディアが、「なぜ今総選挙をするのか?」という狙い自体を分析せず、ただ単に各党が出している様々な公約を、比較するだけに終わっていることにあると思う。

ホント、クソメディアと言われても致し方ない部分だ。

しかし、各党の公約を見ているとややこしいが、なぜ今衆議院選挙なのかという本質を考えれば、そんなに複雑な話ではないことが分かる。

まずは、改選前の議席を見ると、衆議院の定員475人に対し、与党の自民288人、公明35人=計323人で、自民だけでも過半数を遥かに超えるため、通常審議に関しては、何の問題もなく安定した議会運営が行える安定多数だ。
それだけでなく、与党だけで2/3を超えており、さらに改憲賛成の維新15人も加えれば、憲法改正の発議は全く問題ない状況。

一方、参議院も、定数242人に対し、自由民主党・こころが125人、公明党25人=計150人で安定多数。
憲法改正に対しても、改正賛成の日本維新の会11などを加えると、2/3を超える。

なので、これだけ見ると、安倍首相が、衆議院を解散する理由はどこにもない。
安倍首相や内閣が不祥事を起こしさえしなければ、どんな法律でも通るし、憲法改正の発議だって問題なくできるのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -