So-net無料ブログ作成
検索選択

前の5件 | -

「フェイク・ニュース」の怖さ [政治]

ネットに広がる「フェイク・ニュース」― 嘘と真実の見分け方とは | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

「フェイク・ニュース」という言葉自体を、最近よく聞くが、最初は、日本でもよくある芸能誌系のいい加減な記事、程度のことだと思っていた。
しかし、米国大統領選挙で「フェイク・ニュース」が果たした役割に関する調査報道の記事を読んで、事態はもっと深刻であることが分かった。

偽ニュースが民主主義を壊す Facebookが助長したその実態とは?

まず、「フェイク・ニュース」の概念自体が違った。日本のいい加減な記事どころではなく、完全にアフィリエイト収入獲得だけを狙った、意図的な嘘の記事が、全米を混乱させ、動かしたのだという。

そうした嘘ニュースを流した中心人物は、実は、旧ユーゴスラビアを構成していたマケドニアの若者たちだったという。
小国マケドニアの国内事情は悪く、若者には仕事がない。そうした若者が、140以上のアメリカ政治サイトを立ち上げ、そこで、嘘ニュースを流し続けたのだそうだ。

面白いのは、最初は、共和党、民主党両方の支持者向けのウソ記事を掲載し続けたのだが、民主党支持者向けの記事のアクセスはさほど増ないのに、トランプを支持する層は、それを鵜呑みにしてFacebookで拡散し、それが、世界中のメディアで誤って報道されるまでになってしまったという。

「ヒラリー・クリントンは電子メール問題に絡み、2017年に起訴される」というウソニュースなども、私も知っているぐらいなので、最終的には、おそらく日本でも主要ニュースサイトや新聞、テレビ、ラジオなどでも報道されていた気がする。

これらのサイトを運営する若者によると、「右翼はファクトチェックをせず都合のいいウソを信じる」のだそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

科学技術ニュースの伝え方の難しさ [科学技術]

軌道エレベーターの基礎実験が始まる:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

宇宙輸送船「こうのとり」6号機で、軌道エレベーターや宇宙ごみ除去の基礎実験が行われることは、私のブログでもご紹介したことがある。

宇宙ごみ除去実験は失敗 「こうのとり」6号機  :日本経済新聞

その宇宙ごみ除去実験が、テザーと呼ぶワイヤが伸ばせず、失敗したというニュースを聞いて、ちょっと残念ではあったが、私にとっては、それだけのことではあった。

実験失敗と報じられた「こうのとり」6号機の真実 宇宙ステーションへの物資輸送、100%成功してるのは日本だけ | JBpress(日本ビジネスプレス)

ところが、その後、こちらのニュースを読んで、「こうのとり」6号機自体が、すべて失敗に終わったかのように伝わってしまっていることを知った。

私自身は、宇宙輸送船「こうのとり」6号機というのは、まずは国際宇宙ステーションに物資を届けるのがメインタスクであり、こちらについては今回も大成功だと思っていたから、これは予想外。

国際宇宙ステーションへの物資輸送に関しては、日本のロケットのみが一度も失敗しておらず、最も重要な物資輸送は、日本に任される状況となっているぐらいだ。

ロケットの打ち上げは物凄く高くつくので、「こうのとり」では毎回、各所から募集した中から有益なサブミッションを実行するということも行っている。そういう形でなら、比較的ローコストで宇宙での実験が行えるからだ。

今回の宇宙ごみ除去の基礎実験は、そうしたサブミッションの一つが失敗したに過ぎないのだが、それが単独のニュースとして伝わると、ネットでも世界中に拡散され、あたかも「こうのとり」6号機全体が失敗であったかのような印象となってしまったことを、上記記事では嘆いているのだ。

似たようなことは、最近、他にもあって、例えば、福島第一原発2号機の内部をロボットで探索したところ、毎時530シーベルトというこれまで計測したことがない高い放射線量を計測し、まもなくロボットは動けなくなったことがニュースで流れたのだが、

福島第一原発2号機の放射線量が過去最悪を記録か。人なら数十秒で死に至る毎時530シーベルトと推定|ギズモード・ジャパン

まずはこちらの記事などは、「放射線量が急激に上昇した」という間違ったニュースを流してしまっている。
そもそも、今回、原子炉内部の、これまで到達したことがなかった中心部にロボットを到達させ観測したのだから、同じ場所での過去の計測履歴はなく、「従来に比べて放射線量が急激に上昇した」という表現は明らかにおかしいし、その後の記事の表現も、福島第一原発の状況が以前より悪化しているかのような表現になっているが、実際には、原発外で計測される放射線量には何ら変わりはないのだ。
今回のニュースの本質は「ロボットをより原子炉中心部に近付けたところ、今までより高い放射線量を計測した」という当たり前のことを書いたに過ぎないのに、それが重大な問題があるニュースであるかのように書いていることだ。

まずいのは、「ギズモード・ジャパン」のような有名なニュースサイトから、こうした誤報が出ると、それが真実としてすぐに広まってしまうこと。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

女性セブン「赤江珠緒、不妊で母親と断絶」 [芸能]

赤江珠緒「このたび妊娠しました!」ピエール瀧「え?俺の子?」www|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~

42歳でのご懐妊ということで、誰もが祝福ムードの赤江珠緒だが、女性セブンだけが、何とか人の気分を悪くさせたいらしく、こんな記事を載せていた。

赤江珠緒 「実家の母との溝」を埋め、42才で念願の妊娠│NEWSポストセブン

女性セブンの記者が、赤江さんの実家を取材で訪れてきたらしく、記事によれば、

・母親は「嬉しいです。ご近所さんからも“おめでとう”って声かけてもらって。正直、もう私は諦めていましたから…。いろいろありましたけど、今は無事に元気な子が生まれてくるよう祈るだけです」と感無量の様子。

・年齢に加え、「子供はまだ?」「結婚何年目だっけ?」という周囲からの言葉も赤江を苦しめた。

・母親「40才になるまでは、私もしつこく“子供はまだ?”“子供はあかんね?”と言うとりましてね。姉(珠緒は次女)には孫もおるもんで。ちょっと言いすぎた部分はありました。そのうち、娘は私の小言を煙たがるようになって…」

・赤江さん自身、「たまむすび」で、妊娠を急かす母親の言葉が長年重荷になっていたことを明かしている。
(注)私の記憶ではそんな発言聞いたことないな。本当に、そんなこと、あったっけ?

・赤江さんが、「できないものはしょうがないでしょ!」と泣きながら電話を叩き切り、衝撃のあまり受話器が壊れたこともあったという。
(注)受話器が壊れる(笑)って、携帯電話やコードレスホンは受話器とは呼ばないと思うが、赤江さん家は黒電話なんだろうか?

・母親「本人の気持ちも考えず、悪いことしました。娘は妊娠について聞かれるのが嫌で、一時は全く連絡をくれなくなってしまったんです」

・降りかかる“禁句”から逃れるように、母子の断絶は続いた。
(注)「たまむすび」でも、実家の話題、しょっちゅう聞いていた気がするんだけどなぁ。あれは幻聴だったのだろうか(笑)

・母と断絶した赤江は、以降、妊活と仕事の両立を目指し、2015年4月からはメーンMCを務める新番組「この差って何ですか?」(TBS系)もスタート。だが、多忙を極める赤江の体は悲鳴を上げていた。

・別のテレビ関係者「ストレスからヘルペスを発症して、一時は頬もげっそりしていた。妊活しながらの早朝番組は負担が大きすぎます。はたから見ても心身が限界なのは明白でした」

・同年11月、赤江は「モーニングバード」を降板。40才にしてようやく世間一般の生活リズムを取り戻した赤江は、徐々に母親との溝を埋めていった。
(注)この辺、完全に時系列が間違い。「この差って何ですか?」が始まったのは、「モーニングバード」降板後だ。

・母親「時間が経てば変わるものです。仕事でこっちにくるときは実家に寄ってくれるようになってね。その頃はもう、私らも子供のことは一切言わんようにしていましたから。気が楽になったのかもしれませんね。東京から電話もくれるようになりました」
(注)そりゃ昼夜逆転の仕事をしていたら、実家に帰れないし、迷惑が掛かるからそんなに頻繁に電話もできないだろう。それと出産の話とは関係ない気がするけど?

・母親「男の子でも女の子でもいいんです。健康な子を産んでくれたらね。近く、娘の様子を見に行こうと思ってます。出産にはもちろん立ち会います。今から楽しみです」

・父親も相槌をうちつつ「余計なこと言うとアレだから。妊娠も出産も、なるようにしかならん。元気でいてくれたらそれでいい」

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「あるある議事堂SP」に出演した記者たち [報道]


あるある議事堂|テレビ朝日

「あるある議事堂」は、2016年4月10日(9日深夜)から、テレビ朝日で放送開始し、毎週日曜2:15~2:45(土曜26:15~26:45)で放送されているバラエティ番組なのだが、この番組で、「あるある議事堂 写真週刊誌の記者SP」「あるある議事堂SP スクープで人生を狂わせられてたまるか!芸能人vs週刊誌の記者」と題して、週刊誌記者と、芸能人が対決する特番を、 2016年11月6日と2017年1月8日の2回、放送した。

あるある議事堂SP - Google 検索

たまたま、その2回とも部的に見ていたのだが、なかなかきわどい話題が続出し、実際、ネットメディアでも大いに話題になったようだ。

話題になった内容は、出演した記者がリークした極秘芸能人情報で、この盛り上がりは、まさにテレビ局の狙い通りなのだろうと思う。

出演する記者の方々は、芸能人から反撃を食らっても、基本的に情報を握られている弱みがあるから、最終的には芸能人が勝ちようがない。

ただ、この番組を見ていて、嬉々として、上から目線で芸能人を攻める記者の方々を見て、胸糞悪い思いをする自分がいる。

不倫はまさに倫理的な問題であり、本人は、迷惑をかけた家族に謝る必要があるのは間違いない。しかし、私は、記者会見で国民の前で謝罪する意味は全くないと思っているが、彼らはそう思っていないようだ。
また、彼らの行動原理を自分から発言していて、報道対象が好きか嫌いか、あるいは、マスメディアに従順か刃向うかで、どこまで責め立てるかを決めていることを明言しており、そこに報道機関としての正義の価値基準があるとは思えない。

だから、途中で番組を見るのは止めてしまったのだが、番組を見ていて心の中に引っかかったことがあり、後から検索してみたのだが、全く情報が出てこなくて、不思議なことがある。

この番組に出演した芸能人の名前は、公式サイトにも掲載されているのだが、なぜか出演した記者の名前が全く掲載されていないのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

SMAP中居正広「おまえに期待してねえ!」田中みな実の“嘘”を糾弾 [芸能]


SMAP中居正広「おまえに期待してねえ!」田中みな実の“嘘”を糾弾 | 日刊大衆

このブログを開設する遥か前の記事で申し訳ないが、この記事のソースの番組を改めて取り上げたい。

この記事に書かれていた10月4日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)という番組を、私は録画で見ていたのだが、その後の報道に、ずっともやもやと違和感を感じていたことがあるのだ。

その違和感は、この記事を書いた日刊大衆に対してではなく、この番組を放送したテレビ朝日に対するものだと、後から気づいた。

中居正広のミになる図書館 - Wikipedia

録画はまだHDDに残っているので、記事内容と、実際に放送された内容を対比して、ちょっと考察してみたい。

10月4日放送の『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)に、フリーの田中みな実アナウンサー(29)が出演。サプライズとしてかばんの中身をチェックされたのだが、SMAPの中居正広(44)に、疑いの目を向けられる場面があった。 番組冒頭、岡江久美子(60)が自分のかばんの中身を紹介したのだが、その流れで田中アナのかばんがスタジオに登場した。セリーヌのハンカチ、プラダのポーチに続いて中から出てきたのは、ビニールに入れられたフルーツと野菜だった。田中アナは「これはフルーツトマトと、シャインマスカットと、ナガノパープルです。私これ、お昼ごはんです」と説明。尼神インターの誠子(27)が「ほんまに? 男の前やから言ってるんじゃなくて?」と疑問を呈したが、田中アナは「朝ご飯しっかり食べるから、お昼は収録前に食べるとお腹いっぱいになって眠たくなっちゃうから」と主張した。

この場面、さらに詳細を書くと、岡江久美子のかばんの中身紹介があっさり終わった後、突然「別の出演者のカバンがある」ということで、田中みな実のカバンが運び込まれ、嫌々ながら中身を開けられる、というよくある状況だった。

収録番組の本番で、ドッキリで、岡江久美子の後、田中みな実のかばんも開けて見るというのは、番組の台本通りなのは、番組意図で間違いない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -